読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機能のテンプレ化に関する考察

メモ

大規模システムのフレームワークとか作っていると、まずは「機能の標準化」というお題目で、画面の流れのモデルケースを作り(例:検索→一覧→選択して編集→DB更新→検索画面へ戻る)、個別機能の設計ではこのモデルケースに極力準拠してもらいつつ、実装作業が始まる前にモデルケースの実装例をテンプレとして提示する、ということをよくやります。

ただ、これを素直にやっちゃうと、テンプレをコピペした機能が何十と出来上がっちゃって、標準そのもののバグや仕様変更があると莫大な修正工数がかかる、ということになりがちです。

テンプレをコピペさせるくらいなら、フレームワークAPIに封じて、個別に書く部分(画面やSQL、独自の論理チェックなど)を極小化することを考えたほうがよいのは、ちょっと考えればわかることですね。

この辺を突き詰めたのがSpring Rooだったりするわけですが、本ブログでは、一歩下がって、「プロジェクト毎モデルケースのフレームワーク化」を容易にし、かつカスタマイズ柔軟性を確保する方向で考えてみます。ScalaにおけるTraitのしくみがうまく使えそうな予感。